読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nanpa is Suicide

誰でも読めるが、誰にも読めないブログ。

プロフ

自分

f:id:Rousseausum:20140804012937p:plain


このナンパブログを見つけていただいて、ありがとうございます。

見つけてくださったあなたに感謝致します。 よろしくお願いします。

 

 ====================================================

2013年4月12日に大阪の心斎橋で行われた宮台真司先生とのイベント

「宮台真司・男女素敵化計画第四弾 /愛のキャラバン・大阪死闘編」

に登壇させて頂きました。


愛のキャラバン・大阪死闘編【1・無料】 ‐ ニコニコ動画:GINZA

 

『愛のキャラバン大阪』前哨戦〜Twitter座談会〜

 

このイベントについて、宮台先生が書かれた記事がこちらです。

「4回の愛キャライベントを振り返って、取り敢えずの短い総括を記します」

 

僕が書いた記事はこちらです。

「宮台真司・男女素敵化計画第四弾/愛のキャラバン・大阪死闘編に出ました」

 ====================================================

 

ナンパと風俗のスカウトマンをしております。

僕は童貞の状態から、ナンパを始めました。

大学生です。うつ病でした。

私は中学生から5年間不登校でした。それで14歳から19歳まで引きこもりました。

その間、精神科・カウンセリングなど様々な治療を受けましたが、なかなか治りませんでした。精神科で薬漬けにされ、常に頭がうまく働かず、外に出ることも、勉強することも、他人と普通に会話することさえできなくなりました。高校生の時に出会ったスクールカウンセラーの先生に、認知行動療法をしてもらいました。それでようやく回復していき、大学に入れました。

 

ナンパで有名な某社会学者の先生のもとで学んでます。熱心ではありませんが。

ナンパ歴はまだ浅いです。童貞は最近やっと卒業できました。

僕がナンパを始めた動機は、社会への「ルサンチマン」です。ナンパをされている方は、決して晴らすことのできない「ルサンチマン」を癒すべく彷徨っている人間と考えています。

よく読まれている記事を紹介させていただきます。

 

・ナンパと恋愛

好きでない女の子と三日間過ごしてみた。

非リアを連れ出し、クラナン童貞卒業

女性不信について

「今夜は寂しい」という病をどう考えるか

 

・ナンパ講習レポート

地獄のナンパ指導 (qqilleさん)

天国のナンパ講習(高石宏輔さん)

「モリマンディ上陸作戦」レイさんの講習を受けてきた(レイさん)

 

・僕自身について

自己憐憫論―引きこもり、自殺、依存

 

・高石宏輔さんが僕について書いてくださった記事

「誰かに自分を投影することは…」

 「モテる」

「 洗脳/愛のキャラバン・大阪死闘編」

「食卓」

 

演劇を少しやっていたので、観劇は好きです。

セネカなど古代ローマの哲学者の本をよく読みます。漫画は、山本英夫さんの作品が大好きです。ほとんど読みました。

こんな僕ですが、合流したいという奇特な方は、

下記のTwitterアカウントに、リプライかDMを送っていただければうれしいです。

※現在、新規の合流はしていません。知り合いの紹介でのみ、合流致します。ご了承ください。

 

twitterのアカウント:https://twitter.com/Rousseausum

 

風俗のスカウトマンもしています。

風俗のお仕事でたくさん稼ぎたい女性は、ぜひご連絡ください。

 

はてなのプロフです。

http://profile.hatena.ne.jp/Rousseausum/

 

僕への文句やdisはこちらへどうぞ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 


ホスト(水商売) ブログランキングへ

東大生ブログランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

寂しい人間は万能感を求める。

わたしは、とにかく自分を変えたかった。
そのため、自分なりに様々なことに挑戦したつもりだった。
他人からは、「そんなことは無駄だ!」と言われることもあったが、自分の中では必要なことだと思っている。

彼女に捨てられる。
わたしに稼ぎがないからダメらしい。
わたしは社会に適応したいとも思っていなかったが、彼女は、わたしの社会不適合的な部分に嫌気がさしたようだ。

最初は、それでもよかったみたいだが。

小説家になるために、引きこもりながら必死に執筆していたが、このままでは、狭い視野の作品になってしまう気がした。

そして、ふと、官僚になろうと思った。
せっかく東大に行ったからという理由だけで。
と言っても、わたしはロンダ組だから、生え抜きの東大生ではない。

つまり、わたしは、エリートではない。

わたしは肩書きが通用しない世界、自分の実力で勝負していく世界で、自分を試してみたかった。

しかし、やはりわたしは、肩書きの世界に頼って生きていくしかなかった。
なんと言うか、わたしは怠惰な人間なので、実力勝負の世界は向いていなかった。

自分から修羅場を求めいくことはできない。
わたしは、臆病なのだ。
気の弱い人間に、個人の名前でのし上がる世界は向いてない。

「官僚なんてお前には高望みだ!」
とお叱りを受けるかもしれないが、
寂しい人間は、常にエクセレントなものを求めていないと生きていられないのである。

ダメな人間だからこそ、万能感を求める。
ダメな人間だからこそ、スポットライトを探し求める。
それは、二流の、まずい餌でしかないのに。

薬を飲むか飲まないか。

「医者の意見じゃなくて、あなたの意見を教えて」

 

 かれは答えに窮した。自分の意見を言うことで、責任を負いたくなかったからだ。電話を耳から少し離す。かれは深呼吸する。

 

(そもそも、なんで薬を飲むか飲まないかで、他人に意見を求めるんだろう。自分の人生じゃないか。自分で決めろよ。)

 

 しかし、かれは実は嬉しかった。かれはこれまでの人生で、他人に頼られたことがなかったからだ。普通の男なら逃げすような理不尽な要求であっても、女の子に依存されることが嬉しくてたまらない。

 

「……どうなの?」

 

 彼女の声が聞こえた。さっきより、声が小さい。不安げな声で相手を急かす。

 

(ずるい女だ)

 

 かれは薄笑いを浮かべた。焦らしてやろう。そう簡単に、釣った魚に餌をやるわけにはいかない。

 

「どうだろうね……きみが飲みたいと思うなら、飲めばいいと思うし、きみが飲みたくないなら、飲まなければいいと思う」

 

 電話の向こうから、空気の震える音がした。

「あたしの話を聞いてないのね。あなたの意見を聞きたいだけなの。あなたが飲まなくていいと言えば、あたしは飲まないし、あなたが飲めと言えば、あたしは飲む」

 

 かれは唇を噛んだ。追い詰められた。いっそ男らしく、彼女の望む答え――ただ一言を、言おうかと思った。

 

(ここで屈してしまえば、ぼくは負けたことになる。これからも、同じ手口で責めてこられる)

 

 かれは右手で顎を撫でた。この状況を切り抜ける一手を考える。相手との関係を進めるために、あえて相手の望まないことを言う――自分にもっと依存させるために。

 

「おれが意見を言うと、余計に悪くなると思う。自分で決めたことなら、どっちを選んでも、きっといい方向に行くよ。きみは強い人だから、きっと大丈夫――」

「あたしを、突き放そうとしているんだね。それがテグチなんだ。みんなあたしに、同じことばかり言う。善人のフリした冷たい奴。ぜんぶわかってる。ねえ、バレてるんだよ? どう思う? ちょっとは恥を知りなさい」

 

 かれは狼狽した。電話を落としそうになった。切れ切れに息を吐く。

 

「どっちなの?」

 

 彼女の声がする。勝ち誇ったような――元気で力強い声だ。

 

(また一人ぼっちになりたくない。)

 

「おれは――」

 

 

ツイッターの凍結解除されました。

ツイッターのアカウント復活しました。

twitter.com

よろしくお願いします。

 

なぜ春樹に似てしまうのか

最近、村上春樹をよく読んでいる。超遅れてハルキブームが来た。

小説は怖いからあまり読んでいない。『風の歌を聴け』を読んだぐらい。僕はある作家の小説を読む時に、まずデビュー作を読むようにしている。

デビュー作は、まだその作家が世間から注目される前に、一人でひっそりと書いたものだ。金になるかも評価されるかもわからない状態で書いたはずだから、手探りな感じがあっていいなと思う。

風の歌を聴け』は、断片を組み合わせてつくられている。思いついたことを一つ一つ膨らませて、物語として成立するように再構成している。これは読めば誰でも気づく。小説を書き始めた僕にとって、断片を組み合わせる手法は、非常に参考になった。『羊をめぐる冒険』や『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』など、身体の大きい物語は、今の僕が読んでもわからない。

物語の大きさと書き手の力量は比例すると思う。もちろん短編が上手い作家もいるが、別の種類の能力である気がする。

言いたいことはなんとなくあるが、それをどう書けばいいかわからないし、なんとか繋がるように書いても、月並みで読むに耐えない…ならば断片の密度を上げて、後から再構成するしかない。

僕はいつか身体の大きい物語を書きたいのだが、足りないものが多すぎる。まずは小説を書く身体だと思う。

春樹も小説を書く上で身体を重視している。朝早く起きて走り、それから小説を書き、夜は読書と音楽鑑賞…という、彼の生活スタイルはよく知られている。

僕は小説を書き始めて、初めて自分の身体について考えるようになった。春樹は小説を書くことを「個人的でフィジカルな行為」と言う。もしかしたら小説を書くことは、あまり知的な営みではないのかもしれない。

僕は他人の小説を筆写するようになって、この考えを信じるようになった。

まず自分の身体の上に意識がある。身体のあり方=意識のあり方によって、どのような文章が出力されるか決まる。その次に、それまでの読書経験が影響してくる。

筆写していると、作者が引き気味で書いているとか、踏み込んで書いているとか、対象に対する距離感が伝わってくる、ような気がする。

作者がどんな効果を狙って書いたか、論理的に説明できなくても、なんとなく見えてくるというか、「それっぽさ」が手に感染する、ような気がする。

「ような気がする」としか言えない。

だから僕の妄想かもしれないし、存在しない感覚を頭の中ででっち上げているだけかもしれない。

あるいは、毎日小説を筆写するという無意味な行為に、何か都合のいい意味をこしらえているだけなのかもしれない。

しかし創作には、どうもスピリチュアルめいた要素があるようで、でっち上げの感覚でも飛び込んでみないとわからない。

だから僕は滝本竜彦さんを笑えない。

引きこもりの神は、瞑想しながら小説を書くらしい。

僕は真剣に思うのだが、

もしかしたら彼は、ハルキ・ムラカミになれたかもしれなかった。

専門的なことはわからないが、朝走ってから小説を書くことと、瞑想しながら小説を書くことは、紙一重の差でしかないと思う。

世界のハルキ・ムラカミ、

文学なんかに全然興味がないビジパー(ビジネスパーソンの略です)にも、仕事の姿勢を尊敬される、ハルキ・ムラカミ、

タツヒコ・タキモトも、そうなれるかもしれなかった。

高橋源一郎が「言語とは他者である」と言ったらしいが、一番正確な表現だ。

「言語とは身体である」と言ったら嘘だろう。

身体という概念を、個人の肉体だけではなく、社会も含めた身体にまで拡張したら、少し正確になるかもしれない。

しかし、身体は社会を超えたものでもある気がするから、やはり正確ではない。

春樹は小説を書いている時に、他の文章を書かないらしい。

それをやると、

「小説が痩せる」

行き詰ったらブログを書こう。

 

Twitterの新アカウント作成しました。

ルソーです。以前のアカウント @Rousseausum が永久凍結しましたので、新しいアカウントを作成しました。

新アカウント↓
@Rousseausumx


よろしくお願いします。

ネットでいくら有名になっても仕方ない(矛盾)

ネットでいくら有名になっても仕方ないと思うようになりました。

 

■人は固有名に興味ない

 特に人文系の場合はそうだ。とりあえずみんな文字を読むことはできるから、「○○入門」とか書いたら、「○○」の固有名に興味のある狭いクラスタの人たちにはウケる。しかし、たとえば、「ラカン入門」などと銘打って書いたところで、世間の多くの人たちは「ラカン」という固有名には全然興味はない。その固有名に興味のある人は、とても狭い界隈の一部の人たちだけ。さらに、その界隈の中でも、レベルの低い層だけ。レベルの高い層には、相手にされない。

 

■レベル低い層を相手にしてはいけない

 そもそも、「○○入門」だとか素人への知識の紹介は、その分野の専門家であるから成立する話なのであって、専門家でもないのにそれをやるのは恥ずかしい。

 やはりそれなりのレベルの人たち相手には、固有名の連呼ではどうにもならない。何の実績もない僕は、最初はもっと「お堅い」場所で実績を作るほうがいいのかなと思った。それは、ネットとは離れた場所だ。

 ネットで有名になるのは簡単で、要は炎上すればいい。しかし、炎上とは、レベルの低い人間を釣るということなので、レベルの低い人間を相手にしていることになる。

 

■自分のコミュニケーションの問題を学問で転倒させる奴はヘタレ

 また、哲学や文学、最近では社会学や心理学を使って、自分のコミュニケーションの問題を転倒させようする文章もよくないと思う。それもレベルの低い人間向けである。それは、昔ながらの「政治と文学」の二元論と変わらない。つまり、政治的な無力を文学によって転倒させようとする試みだ。昔からあるヘタレの流儀であると思う。

 けれども、最近のますます加速するこの「転倒」は、おそらく1970年代以降の人文系の学問が、個人のプライベートな領域を扱い始めたことと関係しているだろう。その意味をはき違えた人たちが、自分の単にモテないことを、さまざまな学問と結びつけて自己弁護し、現実を転倒させようと企てる。

 しかし、その企てはハタから見れば、ただのヘタレにすぎない。学問によって自分の現実を転倒させようと企ても、それは脳内の解決にすぎないので、客観的な解決にはならない。

 昔は大学に行ける人間が少なかったので、モテないことを学問で転倒させられる人は少なかった。転倒させることはそれなりの価値を持つことができた。しかし、今はみんな大へ行くので、みんなが転倒させることができるようになった。さらに、ネットのせいでヘタレの転倒が可視化されるようになった。

 かくして、文学青年(現在では社会学青年)の偉大なる転倒は、価値がなくなってしまった。ただのヘタレのメルクマールとなってしまった。この流れは不可逆であるから、昔のインテリたちの転倒に自己投影しても無駄である。僕は、転倒する人がいてもいいと思うが、それが客観的な価値を持つことはないだろうと思っている。自戒を込めて。

 この文章もレベルが低い層向けの、レベルの低い文章である。そんなものに価値はない。そして僕にも価値はない。

 

ご意見・ご感想は、

LINE ID: bottomsofrounin

までお願いします。