Nanpa is Suicide

誰でも読めるが、誰にも読めないブログ。

プロフ

f:id:Rousseausum:20140804012937p:plain


このナンパブログを見つけていただいて、ありがとうございます。

見つけてくださったあなたに感謝致します。 よろしくお願いします。

 

 ====================================================

2013年4月12日に大阪の心斎橋で行われた宮台真司先生とのイベント

「宮台真司・男女素敵化計画第四弾 /愛のキャラバン・大阪死闘編」

に登壇させて頂きました。


愛のキャラバン・大阪死闘編【1・無料】 ‐ ニコニコ動画:GINZA

 

『愛のキャラバン大阪』前哨戦〜Twitter座談会〜

 

このイベントについて、宮台先生が書かれた記事がこちらです。

「4回の愛キャライベントを振り返って、取り敢えずの短い総括を記します」

 

僕が書いた記事はこちらです。

「宮台真司・男女素敵化計画第四弾/愛のキャラバン・大阪死闘編に出ました」

 ====================================================

 

ナンパと風俗のスカウトマンをしております。

僕は童貞の状態から、ナンパを始めました。

大学生です。うつ病でした。

私は中学生から5年間不登校でした。それで14歳から19歳まで引きこもりました。

その間、精神科・カウンセリングなど様々な治療を受けましたが、なかなか治りませんでした。精神科で薬漬けにされ、常に頭がうまく働かず、外に出ることも、勉強することも、他人と普通に会話することさえできなくなりました。高校生の時に出会ったスクールカウンセラーの先生に、認知行動療法をしてもらいました。それでようやく回復していき、大学に入れました。

 

ナンパで有名な某社会学者の先生のもとで学んでます。熱心ではありませんが。

ナンパ歴はまだ浅いです。童貞は最近やっと卒業できました。

僕がナンパを始めた動機は、社会への「ルサンチマン」です。ナンパをされている方は、決して晴らすことのできない「ルサンチマン」を癒すべく彷徨っている人間と考えています。

よく読まれている記事を紹介させていただきます。

 

・ナンパと恋愛

好きでない女の子と三日間過ごしてみた。

非リアを連れ出し、クラナン童貞卒業

女性不信について

「今夜は寂しい」という病をどう考えるか

 

・ナンパ講習レポート

地獄のナンパ指導 (qqilleさん)

天国のナンパ講習(高石宏輔さん)

「モリマンディ上陸作戦」レイさんの講習を受けてきた(レイさん)

 

・僕自身について

自己憐憫論―引きこもり、自殺、依存

 

・高石宏輔さんが僕について書いてくださった記事

「誰かに自分を投影することは…」

 「モテる」

「 洗脳/愛のキャラバン・大阪死闘編」

「食卓」

 

演劇を少しやっていたので、観劇は好きです。

セネカなど古代ローマの哲学者の本をよく読みます。漫画は、山本英夫さんの作品が大好きです。ほとんど読みました。

こんな僕ですが、合流したいという奇特な方は、

下記のTwitterアカウントに、リプライかDMを送っていただければうれしいです。

※現在、新規の合流はしていません。知り合いの紹介でのみ、合流致します。ご了承ください。

 

twitterのアカウント:https://twitter.com/Rousseausum

 

風俗のスカウトマンもしています。

風俗のお仕事でたくさん稼ぎたい女性は、ぜひご連絡ください。

 

はてなのプロフです。

http://profile.hatena.ne.jp/Rousseausum/

 

僕への文句やdisはこちらへどうぞ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 


ホスト(水商売) ブログランキングへ

東大生ブログランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

ナンパで誰と出会いたいのか?

最近、あるナンパ師のツイキャスをたまたま聞いた。それで思ったことがあったので、筆を執りたい。

そのナンパ師は、ある「凄腕ナンパ師」のナンパツアーに参加したそうである。どうやら彼は、そのナンパツアーで即れなかったらしい。そして、即れなかったことをツイキャスで嘆いていた。その嘆きの中に、とても興味深いものがあった。
ナンパツアーに参加したからには、彼は絶対に即りたかった。しかし、現実には即をすることはできなかった。だから、彼は即れなかった自分を嘆いていた。なぜ自分は即れなかったのか、自分のコミュニケーションの問題点は何なのか、そんなことを彼は延々と語り続ける。
延々と自己言及が続く。孤独な現代人のモノローグだ。それは別に特別なものではないけど、一つ興味深い発言があった。それは、彼がナンパを始めたきっかけが、僕のブログを読んだことだったことだ。
僕はそもそもナンパが下手で、それをブログでも隠してはいないつもりだ。このブログは、ただの下手なナンパ師のブログにすぎない。普通の人を啓発するほどの力はない。ただし、心が病んでいるような人には、少しばかり影響力があるらしい。

彼のモノローグによれば、僕のブログから凄腕のナンパ師の存在を知り、そのナンパツアーに参加した。彼は、即をすることが目標だったが、その目標を達成できなかった。自分が目標を達成できなかったことを語る。それは普通のことだろう。だが時折、彼は不思議な話していた。自分がそのツアーを主催した「凄腕ナンパ師」にどう思われているかについて、何度も言及していた。
「◯◯さんのようになりたい」と彼は言う。もし彼のなりたいと思っている人物が、実際に彼と人間関係がある人物ならば、それは自然なことだろう。けれども、どうやら彼は、自分と人間関係があるとはほとんど思えない人物に対して憧れているらしい。
これは冷静に考えてみれば、不思議な現象だと思う。おそらく、僕のこんなブログも、ナンパという少し大きなコンテンツを構成しているらしい。そして、そのことから、次のことがわかる。つまり、ナンパというコンテンツは、すでにネットワーク化していて、アクセスする者を自動的に物語の中へ誘導するのだ。

コンテンツの中に登場する「凄腕ナンパ師」は、彼の現実の生活とは無関係な存在だ。また、その「凄腕ナンパ師」の発信するメッセージも、基本的に彼の現実の生活とは無関係だ。しかし、彼はそんな自分にとって無関係な存在になりたいと言っている。
これには、二つの願望が表現されていると思う。一つには、自分のことを知りたいという願望だ。彼は、自分は今どんな人間なのかを知りたいと思っている。二つには、成長モデルがほしいという願望だ。彼は、自分がどんな人間になるべきかを知りたいと思っている。

彼のツイキャスを聞いていると、彼は別にナンパがしたいわけではないのだなと思う。彼は、さっき僕が言った二つの願望に応えてくれるものなら、別に何でもよかったのではないかと思う。
さらに言えば、彼は、二つの願望を叶えてくれるような人間を求めている。実は彼は、女の子と出会いたいのではないかもしれない。彼が本当に出会いたいものは、厳格だが優しい父親、頼りがいのある兄貴、正しく導いてくれる教師、何でも率直に話し合える親友…だと思う。

要するに、心理学の言葉で言えば、彼は転移の対象を求めているのだろう。そして、「凄腕ナンパ師」には、逆転移が起きている。つまり、「凄腕ナンパ師」は彼をコントロールしているように見えるが、実は反対に、彼が「凄腕ナンパ師」をコントロールしている。それで、父親役を演じさせられている。

ナンパやナンパ講習が彼に与えるものは、偽物の葛藤だけだろう。特にナンパ講習は、彼をダブルバインドに縛り付ける。つまり、自分でできるようになれと言われつつ、俺のところに来ないとダメだと言われる。それでどんどん「凄腕ナンパ師」に依存していくことになるだろう。そして、彼が真に直面すべき葛藤から、ますます遠ざかっていくだろう。


余計なお世話でした。

本の感想:『あなたは、なぜ、つながれないのか』

見えないものに目を配り、聞こえないものに耳を傾ける本



高石宏輔さんの『あなたは、なぜ、つながれないのか』の感想を書きたい。



僕はいろいろやってみた。

ナンパやスカウトを絶対に向いてないのに、やってみた。その結果は散々なものであったが、イベントにまで出させていただいた。

今、振り返ってみると、僕の記憶は会話ができなかった苦い思いで満たされている。コミュニケーションの齟齬が、精神の中に刻み込まれている。
なぜあの時、僕はあの人とうまく会話できなかったのか、なぜあの時、あの人とうまくいかなかったのか。僕の自己変革の試みは、自己嫌悪の試みであると言ってよい。多くの他人との接触は、逆説的に、他人との「つながれなさ」が、どんどんクリアになっていった。


本書は、彼が自身の活動の中で、考えたことや感じたことが書かれている。
自分の考えたことや感じたことを、率直に書いているように見せながら、読者を内省へと導くように仕掛けられている。

本書の内容には、たくさん人が感想を書いている。本書の内容について言及するとき、自分の解決できていない問題、発見できていなかった部分、見ないようしてきた欲求不満などを、意図せずに表現してしまう。もし自分の意図しない表現を捉え返すことができれば、本書の言うように、現実的なコミュニケーションの改善が始まるのだろう。
本書はその意味で、鏡のように読者の心の有り様を映し出す。その鏡は、まるで動く鏡であって、読者は本書の中に自分を見出し、あるいは、これまで自分が出会った他者を見出す。思いもよらない姿で、自分や他者が映し出される。そんな乱反射する鏡だ。現代では、そんな鏡を求めている人が、潜在的にたくさんいるのかもしれない。


僕も多くの感想と同じように、本書の内容について語ろう。それは、僕自身の問題の投影だ。
まず、本書の新しさについて言えば、それは、元ナンパ師がコミュニケーションについて書いたことではない。
本書の新しさは、「心の傷」から「心の健康」への焦点化したことにある。従来のコミュニケーションやメンヘラについての語りの多くは、主に「心の傷」に焦点化されていた。それらは、自己分析によって、自分の過去のトラウマに今の自分を関連づけて、自分の物語を作っていた。それは、あまりに「論理的」すぎる物語であり、語る者をその物語の中に閉じ込めてしまう。その物語に自分や他者を縛り付けてしまっていた。もろちん、その物語にも、まったく意味がないわけではない。「心の傷」の物語は、今の自分を受け入れることを容易にするからだ。そのためには、まず自分について語るの能力が必要になる。しかし、語ることは能動的な行為に見えるけれども、自分だけ世界に閉じこもってしまう危険がある。語ることは、「心の傷」への応急処置にすぎない。

それに対して、「心の健康」の焦点化は、自己の成長を目指す。これは古くて新しい問題だ。なぜなら、どのようにして心の健康を得るのか?という問題は、古代から哲学や宗教の世界でずっと探求されてきたからだ。そこでは、自分のありのままの現実を認識することが説かれ、他者との関係を充実させる方法を探していく。
他者との関係を充実させるために、他者に関心を持つことが求められる。つまり、ここでは自らが語ることよりも、他者の声を聴く能力が必要になる。それは聞こえない声だ。聞こえない声を聴くためには、自らが成熟していなければならない。他人の感覚を理解するためには、自分の中に他者と同じような感覚を見出す強さが求められる。そんな成熟による強さがなければ、他者と生き生きとした関係は築けないだろう。

本書は、そのような「心の健康」に焦点化されているという意味で、「悩まない人のための本」であると言える。もしも本書が「心の傷」に焦点化されていたなら、「悩む人のための本」になっていただろう。
(たとえば、小野さんの本は「心の傷」に焦点化されているので、「悩む人のための本」になったと僕は思う。)


最後に余計なことを書くと、本書で勧められているボディーワークなどは、その源流を、古代から宗教の中にあった癒しの実践との関連性が指摘できる。それは、近代的な医療の治療ではない。治療は、身体の異常な一部分を正常な一部分に戻すことだ。そうではなく、平均化訓練や気功は、より全体的な心身の癒しを目指していると思われる。治療と区別される「癒し」とは何か?ということを語るには…

少なくとも、その「癒し」は、精神科医による機械的な投薬治療や、カウンセラーの機械的なオウム返しではないことは間違いない。




この鏡で今の自分を映せば、「悩まない人」は自分の弱さが見えるかもしれない。逆に、「悩む人」は自分の強さが見えるかもしれない。

あなたは、なぜ、つながれないのか: ラポールと身体知

あなたは、なぜ、つながれないのか: ラポールと身体知








(僕がこの本を読んでどう感じたかを直接的に書けませんでした。すみませんでした。)

胡蝶の夢1

夢の中の出来事のような、デートをした。

 

「ピクニックに行こう」と彼女が言った。それで海の見える公園へ行くことになった。

ピクニックなんて何年ぶりだろう。彼女がそう言わなければ、僕は「ピクニック」という発想はなかった。それは子どものころのものであり、自分にとってはすでに遠く感じられるものであった。

2人でお弁当を手づくりして、交換し合うとことになった。彼女の提案だった。事前にお互いの好きな食べ物を教え合った。僕は唐揚げが好きと言い、彼女はだし巻き卵が好きと言った。

だし巻き卵と言わて僕は少し困った。僕は普段から料理をするわけではない。うまく作れるか不安だった。フライパンでうまく卵焼きの形にできるかどうかが、最大の問題であった。僕は不安であったし、また何より彼女のことが好きだったので、前日の夜から作ることにした。クックパッドでだし巻き卵の作り方を調べて、きれいにできるまで練習することにした。3個作って、最も形がきれいにできたものをお弁当に入れることにした。味は、彼女は甘いだし巻き卵が好きだと言っていたので、砂糖を少し多めに入れることにした。クックパッドのレシピにはなかったが、味の素も少し入れた。これは自分の好みである。

卵を割って、ボールの中に溶かす。それ少しずつフライパンの上に注ぐ。薄く伸ばし、固まってきたらひっくり返えす。それを繰り返す。破れないように、少しずつ作っていく。

 

当日、駅で待ち合わせした。

僕は公園までの道を調べて、彼女と一緒に目的地へ向かう。僕はいろいろともたつく。彼女は待ってくれている。彼女は様々な話をする。絵の話をするかと思えば、次の瞬間には赤ちゃんの足の話をする。彼女の繊細な想像に、僕は着いて行く。彼女の想像に着いて行くのは、とても楽しかった。

公園に到着した。家族連れや小学校の遠足で、子どもがたくさんいた。僕らは海に近い芝生の上で、シートを広げてお弁当を食べた。お互いにお互いのために作ってきたお弁当を見せ合う。彼女はサンドイッチを作ってきてくれて、それはとてもおいしかった。僕の好きな卵サンドを作ってきてくれて、嫌いなマヨネーズは入っていなかった。もちろん、から揚げも作ってきてくれた。とても嬉しかった。僕のお弁当もおしそうに食べてくれた。誰かのためにお弁当を作ることは初めてだった。

僕らが食べている最中に、小学校の遠足の子どもたちが、僕らの近くでお弁当を食べ始めた。その子どもたちを見ながら、自分の子ども時代に思いを馳せていた。みんなはしゃぎ回っている。声をあげ、動き回る。男の子も女の子も一緒に食べていた。お菓子を分け合って、笑い合っていた。

つまり、僕は、子どもに対する幻想をその子たちに投影していたのだと思う。実際、自分がこの子たちの歳の時に他人とどう接していたのか、よく覚えてはいないのだ。ふと彼女を見る。彼女も子どもたちを見ていた。僕らは子どもたちを見ながら話した。聞こえてくる子どもたちの声に、2人で笑い合った。

顎に異物を入れるということ

顎にプロテーゼを入れた。

これを見てほしい。

f:id:Rousseausum:20150802231912j:plain

 

整形前の顏では、口を閉じた時にあごに梅干しができている。横顔ではないからわかりにくいが、僕には顎がなかった。それゆえに、弱そうな印象、貧相な印象を与えていた。口が突き出ているともよく言われた。

 

ゆえに、僕は顎にプロテーゼという異物を入れた。

こういう手術である。

www.youtube.com

 

けっこうグロいです。

口の中を切開して、シリコンのプロテーゼを入れる。全身麻酔だったから、起きたら手術は終わっていた。全身麻酔は気持ちよく、幻覚を見た。正方形が幾重にも見えた。緑色の世界にいた。起きたら手術室で看護師さんに起こされた。

 

手術後、すぐに家に帰った。

下の顎は腫れて、ご飯は食べられなかった。3日間、39度の熱が出た。2週間、ゼリーと野菜ジュースしか口に入らなかった。歯も磨けなかった。結構ダルかった。

整形は手術後が一番大変なのである。目が一番楽で、顎は口なのでけっこうダルいほうだと思う。鼻も呼吸に使うから目より大変だと思う。

そうやって自然の反抗を受けながら、今ようやく顎が落ち着いた。しかし、異物を入れて口の構造が変化したので、口の機能に障害が出た。

まず、寿司などが食べにくくなった。口を開けずづらくなったからである。それで大きな声を出しにくくなった。

顎には常に異物感がある。痛くはないけど、「なんか入ってるなあ」という感じがする。プロテーゼを入れた部分の感覚がなくなった。髭を剃る時に切れても痛みを感じない。

 

口の機能、顎の神経、そしてお金という代価を払って、僕は顎を出すことができた。僕の顏を実際に見た人には、「口が小さく見える」と言われた。顎なしで口に突出感があったが、顎を出すことで口が小さく見えるのである。Eラインも整ったので、横顔もきれいになった。

Eラインとはこれである。

f:id:Rousseausum:20150808173227j:plain

 

僕は以前は顎なしだったので、Eラインが崩れていたが、顎を出したことでEラインが整った。客観的な意味で顔面偏差値が上がったのである。

 

せっかく顔面がきれいになったのだから、自撮りをしてみたくなった。自撮りをしてみると、「整形してもブサイク」とか「フツメン」とか「ちょっとイケメン」など、いろいろ書かれた。基本的に、人は他人の顏には厳しいらしい。世間的に「イケメン」と言われている人も「ブサイク」と叩かれてたりもするから、「イケメン」の規準はよくわからない。また、人は気に入らない人間をディスる時に、とりあえず「ブサイク」と言うらしい。「バカ」と同じような使われ方である。

しかし、整形をしても、実際にすぐに「イケメン」や「美人」になれるわけではない。そこは最も多い整形に関する勘違いである。元がモンゴロイドで、コーカソイドのような顔から離れていた人間が、手術で変化させられる部分は限られている。

「顏」について人々は、ひどく気にしているらしい。他人の自撮りを「ブサイク」という時に、人は自分自身の価値観を告白している。自分が気にしているから、自撮りが「許せない」のである。自撮りこそ最高の釣り針だと思う。いろいろな自分の思いを告白しながら、人は自撮りに釣られる。

整形なんて実際たいしたことではない。お金を貯めてブランド物を買うこととあまり変わらない。ただの消費である。整形という消費はまだ一般的ではないので、ある程度の偏見が社会に存在する。おそらくこの消費は、今後さらに一般化していくことだろう。なぜなら、バーキンの鞄を持っているよりも、いい顔を持っているほうが他人の欲望を喚起しやすいからだ。ある人物について思い浮かべる時に、人はその人の着けていたロレックスではなく、その人物の顔をまっさきに思い浮かべるだろう。

整形ほど手っ取り早く自分のイメージを変えられる手段はない。実際、卓越した仕事をして、自分の世界を作り出せるような人間は、いったい世の中にどれほどいるだろう。整形をするには、何の特別な能力も要求されない。ゆえに、整形は、弱者の流儀である。

自撮りをする理由は、もしも承認欲求と言われるものだったとしても、それを非難する術がどこにあるか?人間の実存の欲求に由来するものを、いったいどのように止めるというのか?自己実現から疎外された人間には、怖いものなど何もないのだ。

もし自撮りを「キモい」と言う人が、人間の欲求について繊細に見ることができたならば、「承認欲求」なんていう曖昧な概念は使わないと思う。それは実際、何も説明したことにはならない。

 

人は「イケメン」にも騙されるし、また「ブサイク」にも騙される。

 

自撮りしてすみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

(イケメンですみません)

 

整形とブスの世界。

整形と神話。
顔にメス入れることでしか、もはや世界への愛を表現できない人たちがいる。救い難いナルシシズムは、死へと向かうしかない。ナルシスは自分の顔を水辺で見ながら、その水辺に落ちて溺死した。整形によって神話が現実になる日が来たのである。

整形と実存分析。
フロムは私たちの存在様式を2つに分けた。持つ様式(to have)とある様式(to be)に分けた。顔は通常、ある様式のものであるのされる。顔は所有されるものだとは考えられていない。人格や性格と同じように、顔はその人のあり方を表す。だから、顔は変えてはいけないとされる。存在の否定になるから。整形したいという人は、疎外に苦しでいる。顔のせいで、本来の自分ではなくなっている。整形は、ヒューマニズムである。人間性の回復を目指している。

整形と自然。
別の観点から考えてみよう。顔は自然のものであって、それを変えることは間違いであるとされている。しかし、近代になって、人間は自然を支配するようになった。自然の支配が、私たちの文明を発達させてきた。そして、人間も自然の一部である。整形を批判する人は、人間も自然であるということを忘れている。私たちはいつでも加工される。整形は文明化の過程である。こう考えてみると、顔は持つ様式となる。

整形する人の心理について。
整形する人の心理的特徴は、無力感である。顔のせいで、彼らは自分を無力な存在だと思っている。顔を変えることで、この無力感からの外部を目指す。もしも自分の力でこの世界に美しいものを生み出すことができれば、整形をする必要はない。整形は、非生産的である。顔を変えることで、超越を図ろうとする。人間が生まれてつき持っている引き裂かれた感覚、この感覚を超越しなければならない。

整形の目的。他者に欲望される存在へ。
ブスは他者に欲望されない。欲望は他人から向けられる最も強力なエネルギーである。ブスは他人からこのエネルギーを受け取れない。ブスにとって世界は物足りないものだろう。男は美人を求める。男たちの欲望はブスに投影される。純粋に自分だけの欲望はありえない。整形するブスは、男を憎んでいる。しかし、その男たちの欲望を自ら引き受けているのである。それが自分の欲望だと思い込む。綺麗になることが、あたしの欲望であった。他人の欲望を欲望していただけであった。

僕はわかってもらうことを諦めるために透明人間になる。

言いたいことは何もない。この空虚さ、無気力、馬鹿さ加減、嘘つき、ナルシシズム、破壊性、つまり、何も考えてはいない。無である。薄っぺらい思想と経験。それらは一切は止揚されない。それどころか、対立すらしないのである。現代の不幸とは、何もかもが両立してしまうことにある。他人との真剣な関係を考えるには、むしろ他人を消去しないといけない。セックスをするために、相手を理解する。私は理解されたかったが、ぐっと我慢する。ディスる、褒める。意味はない。それは消去されるべきである。 気持ちはわからない。フィクションでのみわかる。自然は、人間的なやりとりを消去せよと命令する。人間的なやりとりは、できるかぎり消去されるべきだ。愛はすべてを消去した先にある。端的に言えば、世界の一切を憎むことから愛は始まる。まずは世界を消去しないといけない。すると透明になり、他人が見える。次に自分を消去する。すると他人が残る。世界と私が消去されれば、他人への真の理解が得られるのである。しかし、私は消去されている。他人は唯一存在しているが、その根拠である世界も消去されている。他人が望めば、私は復活する。世界も復活する。どちらを他人が選ぶか?それこそ愛である。つまり、消去される存在が他人にとっての私であり、他人は世界との戦いがある。なので私が世界を消去して、私をも消去するのである。この世界の存在者が行う、一切のコミュニケーションを消去することが急務である。石や木ともコミュニケーションしてはいけない。もちろん人間とは言語道断である。個性を救い出す唯一の方法だ。まずは個性を作り出していたコミュニケーションを消去する。自己を確認する一切の手段を放棄する。生きたまま自殺する道が開かれた。